ラクロス鹿島オープン2018結果・表彰|ラクロス|KJナビツアーズ

お電話でのお問い合わせは 03-3226-0811 お問い合わせフォームはこちら

ラクロス鹿島オープン2019

2019 大会説明会開催決定!!

2018大会レポート

2018年2月25日~3月6日まで行われた今大会では10チーム以上の初出場チームを含め、約70チーム1500名程の大会となった。当大会では試合のほかにもクリニックの開催、プレー相談会、プロトレーナーによる講習会等ラクロッサーの成長のきっかけとなる各種イベントを開催し好評を博した。又、多くのスタッフ及び審判の方々の協力もあり活気のあるにぎやかな運営をする事ができた。まさに「ラクロッサーによる、ラクロッサーの為の手作りの大会」となった。参加チームは期間中各7試合程を行い、今後の新チーム運営に向けての貴重な経験を多く積む事ができた。

男子ターム /(2月25日(日)~2月27日(火))

天候に恵まれた男子タームでは、初日から東日本クラブチームのStealersさんによるクリニックが全チーム対象に行われ、各チームにとって新しい発見があったようだ。クリニック後はStealersさんによるエキシビジョンマッチが行われ、抽選により選出された明星大学、西南学院大学がそれぞれ対戦した。試合では予選リーグから熱戦が繰り広げられ、順当な勝ち上がりをみせていた前回大会準優勝の明星大学が決勝戦で帝京大学に競り勝ち、悲願の優勝を果たした。第3位には勢いづく日本大学が入った他、初参加となった甲南大学が2位リーグ優勝を果たした。


優勝-明星大学
準優勝-帝京大学
3位-日本大学
2位リーグ優勝-甲南大学
3位リーグ優勝-佛教大学
4位リーグ優勝-関東学院大学

  • 明星大学
    明星大学
  • 帝京大学
    帝京大学
  • 日本大学
    日本大学
  • 各順位リーグ優勝チーム
    各順位リーグ優勝チーム
  • 全体写真
    全体写真

個人賞

  • 男子第1MVP
    MVP 明星大学
    坂上 弘祐
  • 男子第1VP
    VP 帝京大学
    石黒 弘樹
  • 男子第1得点王
    得点王 西南学院大学
    國増 友彦
  • 男子第1セーブ王
    セーブ王 明星大学
    橘 嗣恩
  • 男子第1Fastest Shot賞
    Fastest Shot賞 甲南大学
    岸本 昂記、寺田 直輝
  • 男子第1ゼブラ賞
    ゼブラ賞 小樽商科大学
    審判団

男子ターム大会写真

  • 試合の様子
  • 試合の様子
  • 試合の様子
  • 試合の空き時間にミーティングを行い、試合を経るごとに成長しているチームも見られた。

  • Stealersさんのコーチング
  • Stealersさんのコーチング
  • Stealersさんのコーチング
  • 時間ごとに各チームに向けクリニックを行った。Stealersさんのコーチングを熱心に聞き入る学生が多く見受けられた。

  • Stealersさんへ直接質問
  • Stealersさんへ直接質問
  • Stealersさんへ直接質問
  • 夕食前後にはStealersさんへ直接質問できる場を設け、学生たちは個人やチームの課題を質問し成長のヒントを得ようとしていた。いつもと違う視点からラクロスを考えられるようになったと喜んでいる学生の姿もあった。

女子第1ターム / (3月2日(金)~3月4日(日))

男子タームに続き天候に恵まれる中、女子第1タームも初日から予選リーグを行った。週末となる大会2日目には東日本クラブチームのNeOさんが到着し、参加チームに対してNeO Park(クリニック)を行った。クリニック後はエキシビジョンマッチとして、NeOさんを2チームに分けてNeOさん同士の真剣勝負が行われ、参加チームを魅了した。その後はNeO Challenge Matchを行い、多くの参加チームがNeOさんと力試しの試合を行った。大会では前回大会から参加の園田学園女子大学が準決勝では東京学芸大学を、決勝では日本女子大学を破り、見事初優勝を飾った。


優勝-園田学園女子大学
準優勝-日本女子大学
3位-東京学芸大学β
2位トーナメント優勝-神戸親和女子大学
3位トーナメント優勝-東京大学
4位トーナメント優勝-学習院大学α

  • 女子第1
    園田学園女子大学
  • 女子第1
    日本女子大学
  • 女子第1
    東京学芸大学β
  • 女子第1
    各順位トーナメント優勝チーム
  • 全体写真
    全体写真

個人賞

  • 女子第1MVP
    MVP 園田学園女子大学
    岡崎 留実
  • 女子第1VP
    VP 日本女子大学
    藻垣 優渚
  • 女子第1得点王
    得点王 神戸親和女子大学
    北山 沙耶
  • 女子第1セーブ王
    セーブ王 園田学園女子大学
    三宅 佳那
  • 女子第1Fastest Shot賞
    Fastest Shot賞 信州大学
    今井 麻佑子
  • 女子第1ゼブラ賞
    ゼブラ賞 神戸大学
    審判団
  • 試合の様子
  • 試合の様子
  • 試合の様子
  • 各試合では、NeOさんから教わったスキルを早速試してみたり、試合後に感想を聞きに行くなどする光景が多く見受けられた。

  • 「NeO Park」の様子
  • 「NeO Park」の様子
  • 「NeO Park」の様子
  • NeOさんによる「NeO Park」の様子。参加者たちは普段意識できていない部分までこだわった練習ができたようで改めてラクロスの楽しさを感じているようであった。

  • 女子第1MVP
  • 女子第1VP
  • 大会前に事前にチームごとの課題を聞いた上で座談会を実施した。参加者はピンポイントでのアドバイスをもらえとても喜んでいた。時間を過ぎてもなお質問をするチームも多くあった。

女子第2ターム / (3月4日(日)~3月6日(火))

女子第1ターム終了後、間もなく女子第2タームが開催された。初日午後は予選リーグとNeOさんによるNeO Parkが行われた。いくつかのチームは合同チームを組んでの参加となった為、夕食時に積極的に相互の交流を図る様子が見受けられた。大会2日目はお昼頃から小雨が降る中での試合となったが、全面人工芝の為何の影響も受けず予定通り試合を行うことができた。中には空き時間にみっちり練習を行うチームもあった。前回大会1タームで参加した帝京大学が力をつけ、北海道大学を破り優勝を果たした。また駒沢女子大学が3位に入る健闘が見られた。


優勝-帝京大学
準優勝-北海道大学α
3位-駒沢女子大学
2位リーグ優勝-武蔵大学
3位リーグ優勝-東北福祉大学
4位リーグ優勝-福島・淑徳・神戸外大

  • 女子第2
    帝京大学
  • 女子第2
    北海道大学α
  • 女子第2
    駒沢女子大学
  • 女子第2
    各順位リーグ優勝チーム
  • 全体写真
    全体写真

個人賞

  • 女子第2MVP
    MVP 帝京大学
    井上 瑞菜
  • 女子第2VP
    VP 北海道大学α
    西尾 史子
  • 女子第2得点王
    得点王 武蔵大学
    中原 利菜
  • 女子第2セーブ王
    セーブ王 神奈川大学
    森 佳苗
  • 女子第2Fastest Shot賞
    Fastest Shot賞
    東北学院大学 河合 真歩
  • 女子第2ゼブラ賞
    ゼブラ賞 徳島大学
    審判団
  • 女子第1ターム
  • 女子第1ターム
  • 女子第1ターム
  • 参加チーム数が多かった為、全グラウンドをフル活用し試合を行った。合同チームは2日目には既に相互の連携が取れている場面が多く見られた。

  • 女子第1ターム
  • 女子第1ターム
  • 女子第1ターム
  • 初日の午後はNeo Parkを行い、第1ターム同様に参加者たちはNeOさんのラクロスの考えの深さに驚いている様子であった。同様にNeOさんの技術の高さに魅了されている様子であった。

  • 女子第1MVP
  • 女子第1VP
  • 第1ターム同様に事前に座談会で聞きたい内容を把握していた為、参加者にとっても的確なアドバイスができた時間であった。

トレーナー講習会

  • 女子第1MVP
  • 女子第1MVP
  • 女子第1VP
  • 各ターム期間中、夕食後にInnovation Sports Project Japanの代表:高野 浩幸氏のよるトレーナー講習会が行われ、多くのチームスタッフの参加があり有意義な講習会となった。

大会を振り返って

大会中は各チームとも、絶好のグラウンドコンディションの下、実戦形式の試合を存分に楽しんでいる様子であった。第1試合開始前の朝方や試合の空き時間に、空いているグラウンドを使い、チーム戦術の確認やミーティングをするなど、時間を有効に活用するチームも数多く見受けられた。当大会のメリットである、クラブチーム選手によるクリニックや座談会は参加者から「時間がもっと欲しかった。」と意見も出るほど好評であった。またNeOさんの粋な計らいで、昨年開催された女子ワールドカップの試合の上映会も開催され、実際に日本代表としてワールドカップを戦ったNeOの選手が解説付きで行ったので参加者がとても喜んでいた。NeOさんによる新歓の意見交換会も開催し、新歓に苦戦する大学チームに対してアドバイスを行うなどラクロスに関わるあらゆる事柄に対して真剣なアドバイスが行われた。大会後のアンケートでは次回大会への参加表明もあり喜ばしい記載が多数あった。その他、大会全体へのアドバイスや試合内容に関しての意見も頂戴できた為、実行委員会ではこれを参考に、より満足度の高い大会にできるよう努めていきたい。

大会運営を支えて下さったスタッフ、審判のみなさん

今大会もラクロッサースタッフ、トレーナー及び審判のみなさんにご協力頂き運営を行った。皆さん空き時間を使い練習したりと、楽しく運営に参画している様子であった。また全国各地から幅広くスタッフの方々が集まっているので、普段なかなかできないラクロッサー同志の交流も活発に行なわれていた。

  • 男子ターム大会スタッフ
    男子ターム大会スタッフ
  • 女子ターム大会スタッフ
    女子ターム大会スタッフ

近日、大会詳細の発表・募集開始となります。次回大会もたくさんのご参加お待ちしております!!


鹿島オープン実行委員会

TOPへ